かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 推し
  3. 江の島シーキャンドルからの夜景 暮れゆく海岸線に浮かぶ美しい夜景

推し 魅力的な夜景スポット
江の島シーキャンドルからの夜景 暮れゆく海岸線に浮かぶ美しい夜景

  • 江の島シーキャンドル(藤沢市)

シェア・新聞購入ボタン


 江の島の頂上に建つ、湘南のシンボルとも言える展望灯台。2002年江ノ電開業100周年事業の一環として建設され、海抜約100メートルの位置にガラス張りの展望フロア、その上にベンチも備えられた屋外展望フロアがあり、海風を感じながら360度のパノラマの景色の中で、暮れゆく海岸線に浮かび上がる美しい夜景を楽しむ事ができる。



 シーキャンドル下にある「THE SUNSET TERRACE」でも360度遮る物がない開放感あふれる広いウッドデッキのテラス席で、「TODAI KITCHEN DELI&TEA」の湘南藤沢小麦を使うパンに湘南野菜を使う特製サンドやスイーツ、江の島ビールなどが味わえ、のんびりと夜景を眺められる。

 島内では千基の灯籠や江島神社のライトアップを行う「江の島灯籠2022」も31日まで開催され、島内随所でも夜景が楽しめる。照らし出される夜の江の島を散策しながら夏の名残を満喫するのはいかがだろう。

TODAI KITCHEN DELI&TEA=午前10時~午後7時〓(e05c)。無休。※いずれの施設も別途サムエルコッキング苑の入園料が必要だが、苑内工事に伴い、9月30日まで無料。事前に同施設[HP]で要確認。
江の島灯籠2022=点灯時間午後6時~午後8時半(土・日曜、祝日は同9時)。詳細は[HP]。江ノ島電鉄電話0466(25)3525。

2022年9月1日公開 | 2022年8月20日神奈川新聞掲載


江の島シーキャンドル

住所 藤沢市江の島2丁目3−28
アクセス 小田急線片瀬江ノ島駅徒歩20分(江ノ島エスカー利用時。瑞心門横の乗り場から頂上まで5分)
営業時間 午前9時~午後8時(最終入場は同7時半)
公式HP https://enoshima-seacandle.com/
備考欄 入場料500円、小学生以下250円

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

オススメ記事⇩


イルミネーション「湘南の宝石~江の島を彩る光と色の祭典~」、スタート

関東三大イルミネーション、日本夜景遺産にも認定される江の島全島を舞台にした光と色の祭典。今年はすべてのイルミネーショ...

紅葉&立ち寄りスポット大山阿夫利神社、モミジとミシュラン認定の絶景人気 「升ティラミス」お薦め

2200年以上前に創建されたと伝えられ、関東総鎮護の霊山として崇敬される「大山阿夫利神社」。紅葉の名所として知られる...

大山阿夫利神社(伊勢原市)


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. イタリアンレストラン 横浜・新山下の「TYCOON」跡地に「Re:Journal(リジャーナル)」オープン

  2. ぶらり♪街めぐり 焼き立てパン食べ放題&選べるスープ◇BRICKS STUDIO(横浜市中区)

    BRICKS STUDIO(横浜市中区)

  3. サンドイッチ sandwich and coffee me・me(相模原市南区)のサンドイッチ 毎日でも食べたい味わい

    サンドイッチアンドコーヒーミー・ミー(相模原市)

  4. コーヒー 秘密基地のようなスペシャリティーコーヒー店 みんながのみにきてくれるコーヒーやさん(川崎市高津区)

    みんながのみにきてくれるコーヒーやさん(川崎市)

  5. 季節の変わり目に朝活 海とお茶のくらし鎌倉蕾の家(鎌倉市)の朝茶漬け体験 胃も心も潤うような時が流れる

    海とお茶のくらし鎌倉蕾の家(鎌倉市)

人気タグ