かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 気になる
  3. 特別展「地図最前線─紙の地図からデジタルマップへ─」

気になる ミュージアム・ナビ
特別展「地図最前線─紙の地図からデジタルマップへ─」

  • 県立歴史博物館(横浜市中区)

シェア・新聞購入ボタン

吉田初三郎「神奈川県鳥瞰図」(1932年、同館蔵)の実物
吉田初三郎「神奈川県鳥瞰図」(1932年、同館蔵)の実物

 近現代の「紙の地図」に焦点を当て、地図を作り、使った人たちの活動に迫る。幕末以降に製作された地図や関連資料など264点を、前・後期に分けて展示。各時代の最先端技術で地図が生まれ、活用されてきたことが見てとれる。

 現在開催中の後期では、大正から昭和にかけて活躍した鳥瞰(ちょうかん)図絵師・吉田初三郎(1884~1955年)に焦点を当て、関連する地図など159点が並ぶ。

 空を飛ぶ鳥の視点のように、上空から地表面を斜めに見下ろしたように描く「鳥瞰図」を数多く手がけた吉田。「大正の広重」とも呼ばれ、洋画と日本画の技術を基にした大胆な構図と鮮やかな配色の画風が特徴だ。

 「神奈川県鳥瞰図」は90年前に県観光連合会から依頼されて製作。全長約4メートルの迫力のパノラマ絵図からは、交通網の発達や関東大震災から復興を遂げようとする状況など当時の様子が浮かび上がってくる。実物と複製が同時に展示されているので、見比べるのも面白い。

 ※25日まで。月曜休館。一般900円ほか。みなとみらい線 馬車道駅徒歩 1 分。問い合わせは同館電話045(201)0926。

2022年9月9日公開 | 2022年9月9日神奈川新聞掲載

オススメ記事⇩


ミュージアム・ナビ特別展「地図最前線─紙の地図からデジタルマップへ─」

近現代の「紙の地図」に焦点を当て、地図を作り、使った人たちの活動に迫る。幕末以降に製作された地図や関連資料など264...

県立歴史博物館(横浜市中区)

ミュージアム・ナビ長谷川潔 1891-1980展―日常にひそむ神秘―

横浜生まれの銅版画家、長谷川潔(1891~1980年)。10年代半ばに文芸同人雑誌「仮面」の版画家として創作活動を開...

町田市立国際版画美術館(東京都町田市)


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. イルミネーション 神奈川のイルミネーション 江の島 湘南の宝石

  2. イルミネーション 神奈川のイルミネーション よみうりランドジュエルミネーション

  3. イルミネーション 神奈川のイルミネーション ヨルノヨ

  4. イルミネーション 神奈川のイルミネーション さがみ湖イルミリオン

  5. まちを耕す本屋さん 横浜市南区の「本屋 象の旅」 本とじっくり向き合う場所に

人気タグ