かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 推し
  3. 箱根ラリック美術館(箱根町)自慢のモーニング ラリックが愛した自然を眺め優雅なひとときを

推し 季節の変わり目に朝活
箱根ラリック美術館(箱根町)自慢のモーニング ラリックが愛した自然を眺め優雅なひとときを

  • 箱根ラリック美術館(箱根町)

シェア・新聞購入ボタン


 フランスで宝飾とガラス工芸家として活躍した芸術家ルネ・ラリックの作品を1500点所蔵する美術館。常設展示数は約230点におよび、国内最大級を誇る。

 ジュエリー、ガラス作品、空間装飾。さらに開催中の企画展「明日への祈り展」では、第1次世界大戦時に仏国会などの要望で制作したチャリティーメダル用の作品、そしてそこから浮かび上がる人々の心に寄り添ったラリックの人物像が見てとれる。



 「ジュエリーの価値=素材の価値だった時代に、デザイン性の高さで付加価値をつけ、初めて香りをイメージできる香水瓶を制作するなど、既存の価値にとらわれない柔軟さを持つ人物」と、学芸員の葉山結花さんはその魅力を語る。

 美術館は午前9時から開館。併設するレストランでは、同8時45分からモーニングメニュー(1485円)も用意し、観光客や周辺宿泊施設のシェフたちからも好評だという。「お客さまの要望から始まった当館自慢のモーニング。ラリックの愛した自然を眺めながら優雅なひとときをぜひ」


学芸員の葉山結花さん。フランス史に精通し、作品の歴史背景をわかりやすく解説してくれた
学芸員の葉山結花さん。フランス史に精通し、作品の歴史背景をわかりやすく解説してくれた

2022年9月28日公開 | 2022年9月17日神奈川新聞掲載


箱根ラリック美術館

住所 箱根町仙石原186の1
アクセス 小田原駅または箱根登山鉄道箱根湯本駅からバスで仙石案内所前下車すぐ
電話 0460(84)2255
公式HP http://www.lalique-museum.com/
備考欄 入館料1500円ほか
・美術館 午前9時~午後4時(入館は3時半まで)。第3木曜休み(8月無休、展示替のため臨時休館あり)。
・カフェ・レストラン リス 朝食=午前8時45分~10時半L.O.。ランチ=同11時半~午後3時L.O.。ティータイム=午前10時半~午後3時半L.O.。

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

オススメ記事⇩


目にも美しいアフタヌーンティーCafe茶珈(伊勢原市)のアフタヌーンティー 1人でも気軽に頼めるボリューム

伊勢原出身の店主・熊倉美茶陶さんが「地元にほしいと思っていた空間を、自ら提供したい」とオープンさせた「Cafe茶珈(伊勢...

Cafe茶珈(伊勢原市)

横浜・野毛 今どきの店、愛されてきた店day by day(横浜市中区)のモーニングプレート 旬の野菜や果物などをふんだんに

夜の印象が強い野毛で朝10時半から営業し、終日「モーニングプレート」(1800円ほか)を提供する〝朝ごはん〟の店。バ...

day by day(横浜市中区)


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. イルミネーション 神奈川のイルミネーション 江の島 湘南の宝石

  2. イルミネーション 神奈川のイルミネーション よみうりランドジュエルミネーション

  3. イルミネーション 神奈川のイルミネーション ヨルノヨ

  4. イルミネーション 神奈川のイルミネーション さがみ湖イルミリオン

  5. まちを耕す本屋さん 横浜市南区の「本屋 象の旅」 本とじっくり向き合う場所に

人気タグ