かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 気になる
  3. 平塚で音楽ピープルに 12月に弦楽四重奏のコンサート

気になる コンサート
平塚で音楽ピープルに 12月に弦楽四重奏のコンサート

  • ひらしん平塚文化芸術ホール(平塚市見附町)

シェア・新聞購入ボタン


 「あなたを平塚で音楽人(ピープル)に♬」シリーズの第2弾となるコンサート「小粋な音楽人(ピープル)へ 弦楽四重奏 特別編!」が12月18日、ひらしん平塚文化芸術ホール(平塚市見附町)で開かれる。同ホールの音楽アンバサダーを務める作曲家、ピアニストの加藤昌則=同市在住=の呼びかけに、一流の演奏家が集結した。

 バイオリンに三浦文彰と水谷晃、ビオラに川本嘉子、チェロに佐藤晴真。いずれも普段はソリストやオーケストラのコンサートマスターとして活躍中で、高い技術力と豊かな音楽性で人気を集めている。

 弦楽四重奏曲としてはハイドンやベートーベン、バーバーといった定番がそろい、シューマンのピアノ五重奏曲では加藤がピアニストとして参加する。他にも加藤のオリジナル曲や、ジミ・ヘンドリックスの「紫のけむり」と、クラシックからロックまで多彩なプログラムが予定されている。

 企画した加藤は「演奏家それぞれの個性が際立つであろう作品と、最高レベルの演奏家の解釈によって作品の魅力が際立つであろう作品を選曲した」という。

 弦楽四重奏の魅力を「ロックなどのバンド編成はたった4~6人くらいで、あの迫力と濃い個性を爆発させる。その姿にファンはぞっこんとなるわけですが、室内楽も実は同じです」と力説する。

 実力者がそろったメンバーについて、「まだ知らない人は、多くのファンを魅了しているすご腕を見に、既にファンの人は新しいメンバーに触発されるそれぞれの新しい姿に、ぜひ間近で触れてほしい。これがキャッチできた興奮は、オーケストラとは全く違う味わいです」という。

 「クラシック好きも、縁遠い人も、室内楽の迫力や個性が渦巻く緊迫感の魅力に圧倒され、とりこになってしまうでしょう。バンドのライブ同様、会場で生で共有した時だけしか味わえない興奮なのです」

 午後2時開演。全席指定で一般3千円、22歳以下千円。同ホールの窓口とホームページのほか、山野楽器ラスカ平塚店で販売。問い合わせは同ホール、電話0463(79)9907。

2022年11月24日公開 | 2022年11月23日神奈川新聞掲載

オススメ記事⇩


コンサート旋律に乗せる「飢餓ゼロ」の願い ピアニスト西本梨江、鎌倉で12月に慈善コン

鎌倉芸術館(鎌倉市)

ミュージカル「キャッツ」全米ツアーでピアノ演奏 松浦麻未「いつかブロードウェーで」
24日に地元横浜でライブきっかけはバイト先の社長 瑛人が明かす「香水」誕生の裏側

この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. アフタヌーンティー 鎌倉プリンスホテルのクリスマスをモチーフにしたアフタヌーンティー

  2. 神奈川の紅葉めぐり 浄智寺(鎌倉市)の紅葉と「ひ路花」

  3. 神奈川の紅葉めぐり 県立三ツ池公園(横浜市鶴見区)の紅葉と「CAFE MITSUIKE」

  4. 神奈川の紅葉めぐり 御殿辺公園(藤沢市)と「lit:lil(リトリル)」

  5. 写真展 そごう横浜店で「富士電機写真クラブ作品展」

人気タグ