かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 気になる
  3. 日本映画史に残る感動ヒューマンミステリー 映画「ある男」

気になる シネマ散歩
日本映画史に残る感動ヒューマンミステリー 映画「ある男」


 横浜ブルク13などで上映中。

 愛し合って結婚し、子どもも成した夫が、名前も過去も偽った、全くの別人だった─。男の正体を探る過程を通して、「自分は何者なのか」と見る者に深く問いかける。

 離婚後、息子を連れて実家に戻り、亡き父に代わって文房具店を営む里枝(安藤サクラ=写真左)。画材を買いに来た大祐(窪田正孝=同右)と親しくなり、やがて再婚する。娘も生まれて幸せな暮らしを送っていたが、不慮の事故で大祐が亡くなってしまう。

 群馬の温泉宿の次男坊だが、家族とは仲が悪いと言っていた大祐。ところが、一周忌の法要にやって来た大祐の兄は、遺影を見るなり「これは大祐ではない」と指摘する。里枝は離婚の際に世話になった横浜の弁護士、城戸(妻夫木聡=同中央)に、夫が本当は誰なのか、調査を依頼する。

 いつもスマートに振る舞い、感情をあらわにしない城戸は在日3世。外国人差別を放言する妻の父に、あえて意見することはない。だが、「X」と呼ぶ男の過去を追ううちに、他人に成りすますしかなかった事情に共感し、アイデンティティーが揺らぎ始める。

 原作は平野啓一郎の同名小説。「マチネの終わりに」で描いたテーマ「過去は変えられる」に対し、現実的にどうしても変えられないものを題材にしたという。偏見や差別に対する強い憤りが込められており、映像でも巧みに表現されている。

監督/石川慶
製作/日本、2時間1分

2022年11月25日公開 | 2022年11月25日神奈川新聞掲載

オススメ記事⇩


シネマ散歩映画「ザ・メニュー」 極上のスリル、驚愕のフルコース・サスペンス

18日からイオンシネマ港北ニュータウンなどで上映。 孤島にたたずむ高級レストランで、選び抜かれた客にフルコースが振る...

シネマ散歩台湾映画「アメリカから来た少女」 陰影が映し出す、少女の心の軌跡

12日から横浜シネマリンで上映。 台湾出身のロアン・フォンイー監督の自伝的作品。母親の病気による生活の変化を受け入れ...


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. イルミネーション 神奈川のイルミネーション 江の島 湘南の宝石

  2. イルミネーション 神奈川のイルミネーション よみうりランドジュエルミネーション

  3. イルミネーション 神奈川のイルミネーション ヨルノヨ

  4. イルミネーション 神奈川のイルミネーション さがみ湖イルミリオン

  5. まちを耕す本屋さん 横浜市南区の「本屋 象の旅」 本とじっくり向き合う場所に

人気タグ