かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. うまい
  3. 真っ赤な食べ物 海と魚(三浦市)の「ご褒美赤身丼」

うまい 元気をチャージ!
真っ赤な食べ物 海と魚(三浦市)の「ご褒美赤身丼」

「ご褒美赤身丼」(3300円)
「ご褒美赤身丼」(3300円)

 天然本マグロとメバチマグロにこだわったマグロ丼の専門店「海と魚」。

 中でも「ご褒美赤身丼」は、両方をたっぷり味わえる同店の看板メニューだ。


「ご褒美赤身丼」は金・土・日曜限定。ご飯に載せずに提供されるため、自分好みにカスタマイズしながら食べられる
「ご褒美赤身丼」は金・土・日曜限定。ご飯に載せずに提供されるため、自分好みにカスタマイズしながら食べられる

 その日一番いいマグロを市内の専門店から仕入れ、背骨に近い中心部にある「天身」という部位を取り入れた。つややかな赤身がその証拠だ。

 「本マグロはこくのあるうま味を、メバチマグロは特有の酸味とこくを、それぞれ食べ比べてみてくださいね」と女将(おかみ)の高橋いずみさんはほほ笑む。


マグロのパフェ(鮪茶漬けのセットで2700円)や、赤身と釜揚げしらすの赤白丼などのメニューも
マグロのパフェ(鮪茶漬けのセットで2700円)や、赤身と釜揚げしらすの赤白丼などのメニューも

 さらにマグロのおいしさを引き立てるのが、注文ごとに炊く釜炊きご飯だ。

 マグロに合うよう粒が大きく甘みのある新潟県米を厳選。のりや伊豆山のワサビ、大葉、漬け卵黄などのトッピングも豊富で、載せて丼にしたり、手巻きにしたり、最後には締めとしてだしと共に思う存分味わえる。



 高橋さんは「赤身は栄養豊富な優秀食材。ぜひ堪能していただきたい」と呼び掛ける。



 海と魚:三浦市南下浦町上宮田3125、寿ビル1階。京急線三浦海岸駅徒歩3分。午前11時~午後1時ラストオーダー、同3時~6時ラストオーダー。注文ごとにご飯を炊くため、事前予約制。月~水曜休み。年末年始(31日~1月6日)休み。電話080(9715)7373。

2022年12月3日公開 | 2022年12月3日神奈川新聞掲載

オススメ記事⇩


元気をチャージ!真っ赤な食べ物 牛骨屋 バカボーン(横浜市西区)の「赤麺」
元気をチャージ!真っ赤な食べ物 麻辣大学 川崎店(川崎市川崎区)の「歌楽山辣子鶏」
元気をチャージ!真っ赤な食べ物 OKAGESAMA(藤沢市)の「湘南トマトラーメン」
元気をチャージ!真っ赤な食べ物 ひょうたん漬け(大井町)

この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

人気タグ