かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. とれたて
  3. 元気もりもり山森農園(三浦市) 甘いだけじゃない、うまみ凝縮のニンジン

とれたて ニンジン
元気もりもり山森農園(三浦市) 甘いだけじゃない、うまみ凝縮のニンジン

  • 元気もりもり山森農園(三浦市)

シェア・新聞購入ボタン


 寒くなればなるほど、甘みが増してくるニンジン。「これから2月にかけてが一番おいしいですよ」。冷え込んだ畑で笑顔でそう教えてくれたのは、「元気もりもり山森農園」代表の山森壮太さん(39)。

 三浦海岸からほど近い山森さんの農園では、ベータカロテンやビタミンAなどを豊富に含むベータ系品種のニンジンを栽培。食べる人が健康な体を作れるよう、栄養面を考えて品種を選んでいる。

 果皮のオレンジ色の濃さが、栄養豊富な証拠だ。


「元気もりもり山森農園」代表の山森壮太さん
「元気もりもり山森農園」代表の山森壮太さん

 山森さんが目指す野菜作りは、栄養や甘さだけでなく野菜そのもののこくや風味を生かした「滋味」。堆肥などの有機肥料のみを使うことで、土と空気、水のバランスのよい土壌作りができ、微生物の働きによって土が耕される。

 ただ甘いだけでなく、「三浦の風土や温暖さを生かして、光合成から生まれるアミノ酸(うまみ)をどう作るかを考えています」と語る。毎年新品種を試作するなど、おいしさへの追求も余念がない。

 山森さんは11年前に三代目として就農。就農を機に、「農業を家族経営ではなく、会社として持続可能な形で運営したい」と農業法人と就労継続支援B型事業所「虹の橋」を立ち上げた。障害者と連携しながら農作業を取り組んでいる。


海育ちのにんじんジュース
海育ちのにんじんジュース

 また、販路がない大きく育ちすぎたニンジンは「海育ちのにんじんジュース」として生まれ変わらせた。皮の部分も無駄にせずに加熱し、ニンジンの栄養をそのまま凝縮。柿のようにとろりとした甘さながら、さっぱりとしたのど越しは、野菜嫌いな子どもたちからの評判も上々だ。

 「品質などの基礎を徹底しながら、時代の流れもくみ取り、よりよい農業に変えていきたい」と多方面へ情熱を傾ける。

お薦め品

ニンジン 3本158円~

海育ちのにんじんジュース ニンジンが一番おいしい厳冬期に収穫したものだけを使用。箱詰めしたギフトセットも。公式オンラインショップでも販売。180ミリリットル370円~、720ミリリットル1000円~

ここで買える

ベイシア三浦店:三浦市初声町下宮田5の16。京急線三崎口駅からバスで引橋下車2分。午前9時~午後8時。1月1日休み。駐車場あり。電話046(889)0077。※ジュースのみ販売

葉山ステーション:葉山町長柄1583の17。午前9時~午後7時。水曜、1月1~4日休み。駐車場あり。電話046(876)0880。

※魚介類や野菜など生鮮食料品の価格・種類は、水揚げ量や収穫量、天候などの影響で変動します。

2022年12月16日公開 | 2022年12月15日神奈川新聞掲載

オススメ記事⇩


ダイコン澁谷農園(川崎市高津区)のダイコン 赤が鮮やかな2品種は生食がおすすめ

澁谷農園(川崎市高津区)

カボチャポタージュやシチューに最適 STUMBLE(相模原市緑区)のバターナッツカボチャ

STUMBLE(相模原市緑区)

多肉植物花秋園 okutsu(茅ケ崎市)の多肉植物 愛らしく育てやすい

花秋園 okutsu(茅ケ崎市)


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. 2023年の主役 うさぎと遊ぼう! RABBIT PUMPKIN(横浜市西区)

  2. クルミッ子 パステルグリーンのデザイン缶発売 鎌倉紅谷

  3. クルミッ子 「クルミッ子」×「ショーコラ」 コラボ菓子登場

  4. 神奈川のストレス解消スポット6選 素焼きの皿を投げ割って厄払い 鎌倉宮の厄割り石が人気

    鎌倉宮 厄割り石(鎌倉市)

  5. 2023年の主役 うさぎと遊ぼう! うさぎパラダイス 川崎銀柳街店(川崎市川崎区)

人気タグ